キッズバイクレース富士山CUP

大会時の車両について

  • キッズバイクであれば参加可能です(ストライダーと同じ12インチよりホイールサイズの大きなランニングバイクでなければメーカー問わずご参加いただけます)
  • 車体・フレーム及びフロントフォークの基本骨格はオリジナルの状態で走行してください。ペイント、ステッカー、安全保護パーツの装着は可能です
  • ホイールやタイヤ、シート、ハンドル周りの変更などは、改造は安全面で特に問題が無い限り可能ですが、規定値を超えるホイールベース(660㎜)の延長やハンドル幅(530㎜)は不可となります
  • ブレーキ装置は装着しないでください(ブレーキ動作による後続車両の追突を防ぐため。当日使用不能にするか取外しすれば、参加可能です)
  • サイドスタンドの付いた車両は取り外して頂くか、ゴムキャップなどで安全対策をしていただければご参加頂けます
  • 保護者により安全に整備された車両を使用し、走行前に各部のボルトに緩みなどがないよう、保護者の責任で整備をお願いします※ 当日、安全性に問題があると大会本部が判断する場合は、オリジナルの状態に戻していただくか、それができない場合は参加をお断りする場合がございますので、ご注意ください