最後のノック〜花巻東高〜⚾️

高校野球が今日も各地でドラマを繰り広げてますね〜⚾️
ども!
好きなローソンのホットスナックは、からあげクンRED派!
スポーツMCキャッチャーです🎤

岩手大会決勝戦 大船渡vs花巻東は、優勝した花巻東より大船渡が話題になってますね😁

日本のこれからの宝になる選手がいましたからね〜

ただ、優勝した花巻東高にも目を向けて欲しいなと思います!

花巻東高といえば、メジャーで活躍している菊池投手、大谷投手⚾️

確かに二人ともすごいピッチャーですが、今回僕が紹介したいのは、高校野球好きなら知っているでしょう!
『最後のノック』
夏の大会前にベンチ入りを果たせなかった3年生だけのための引退試合の後に行う、最後のノック⚾️

一度もベンチ入りしなかった選手、一度も背番号をもらえなかった選手、選手ではなくバッティングピッチャーやノッカーを選択した選手、秋や春にはレギュラーとして試合に出てたけど怪我をして夏に間に合わない選手など、いろんな境遇の選手が、最後に佐々木監督からノックを受ける時間。

一通り全体ノックが終わると、選手一人一人が最後に「想い」を叫んでからノックを受ける。

この時は親も見に来ていて、監督やチームメイトだけでなく、親への感謝を叫ぶ選手もいる。

「選手を育てる前に人を育てる

とい佐々木監督の言葉通り育ってるなと思う場面。

甲子園目指して、試合に出たくて、野球がやりたくて、花巻東高に入ったけど、選手ではない別の道、裏方を選ぶって高校球児にしたら、とんでもない勇気のいる決断だと思う。

2017年夏、山口選手が、試合に出れるメンバーに言った「周りに全力でサポートしてくれる仲間がいることを忘れないで欲しいです!」

めちゃめちゃ感動しました。。。。

同じく2017年夏、昆(こん)選手は「背番号をつけることつけること以上に大事なものを見つけた!」

佐々木監督の教え、選手の自主性などが見事にマッチしてるんだなって改めて思います✋
今年の熱闘甲子園で取り上げるかはわかりませんが、YouTubeなどでも出て来ます。

野球をやってない人でも見て欲しい『最後のノック』

花巻東高のみんな!
きっと今年も素敵な仲間とともに戦えて甲子園に出場できてると思います!

甲子園でもそのチームワーク、絆で熱い試合を期待してますよ〜!!